伝統の技!無形文化財 鎚金銅器のコーヒーポット! 「玉川堂」紹介




こんにちは141coffeeです。

本日は衝撃的なポット&ドリッパーを見つけてしまったのでご紹介いたします!

玉川堂

初代は1799年から続く伝統ある鎚金(ついき)と呼ばれる技法で制作された金属加工品のお店。

槌で金属板を打ち出して形を作っていくそう。古くは古墳時代から作られている電動ある技術。

本店はあの新潟県燕市にあるそうです。工場見学もしているそうです。行ってみたい!

燕市は金属加工の町として非常に有名ですよね。YUKIWAやカリタのポットなんかも手掛けている地域です。

茶器や酒器など伝統ある商品や、コーヒー用品もあります。今回はこのコーヒー用品をご紹介します。

コーヒーポット&ドリッパー

by:玉川堂

金属を打ち出して造られたとは思えないほどきれいですね。伝統工芸品といった雰囲気を感じますね。博物館とかに置いてありそうです。

思ったよりポット先端が実用的なデザインなのが驚きです。


by:玉川堂

斜めにカットされて先が細いのでドリップも細くできそうです。


by:玉川堂

ドリッパーはおそらくカリタウェーブのフィルターが使えそうです。こちらも表面の模様がとても綺麗です。


by:玉川堂

和風というよりは渡来品といったイメージを抱きます。金属だからかな?

こちらの商品すごくかっこいいですがお値段もお高いです・・・

ポットとドリッパー揃えたら20万近く・・・

お店はこちらです

気になった方はご覧ください!ではでは




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です