鉄器で作られたケトル?デザインが面白いケトルを見つけたのでご紹介。




こんにちは141coffeeです。

最近では海外でも南部鉄器が人気であったり、炊飯ジャーに鉄器が用いられるなど注目度も上がっています。

そこで、今回は鉄器で出来たケトルを見つけたのでご紹介いたします。

IRONY アイロニー/ケトル 鉄瓶

by:designshop

山形県山形市銅町にある鋳物業の老舗「清光堂」とデザイナーの黒川雅之さんが手掛けている作品です。
清光堂は江戸時代から十代続く老舗の工房です。

現在は九代目と十代目が茶の湯釜と鉄瓶を作っているそうです。

鋳物(いもの)
加熱して溶かした金属を型に流し込んで冷やして固める。その後、型から取り出して出来る金属製品。日本では古くは弥生時代から銅鏡や銅剣が作られていた。現代では伝統工芸品である、有名なものに岩手県の南部鉄器、富山県の高岡鉄器などがある。

こちらはIRONY アイロニーと呼ばれるシリーズ。

アイロニーは反語や皮肉という意味。伝統と現代デザインの融合という意味なんでしょうかね?

個人的には現代的なデザインと伝統的な鉄の材質が魅力的に感じます。


by:designshop

ケトルとなっていますが、商品はコーヒー用ではなくお茶用の物みたいですね。海外向けにケトルと名付けたのかもしれません。


by:designshop

こちらのデザインは四角形で特徴的ですね。コーヒー用の物でも見たことがないようなデザインです。


by:designshop

こちらは少し背が高いデザインですね。現代的なデザインです。


by:designshop

こちらはどちらかというと伝統あるデザインに見えます。結構種類が豊富ですね。

気に入った方はこちらで購入できるみたいですよ~




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です