ビチェリン(カフェチョコラータ)ってどんな飲み物?




こんにちは141coffeeの石井です。

今回はエスプレッソメニューの中でも人気の、カフェチョコラータ(ビチェリン)についてご紹介いたします。

カフェチョコラータってなに?

ビチェリンというイタリアのカフェ発祥のチョコレートドリンク。

ビチェリン
イタリアのトリノで1763年創業の老舗カフェ。
このお店の代表的なメニューである「ビチェリン」という名前の飲み物がカフェチョコラータ。グラスの下からホットチョコレート、エスプレッソ、生クリームの3層になっている。

カフェモカと違いきれいに3層になっているのが特徴。

もともとのレシピではエスプレッソではないようですね。

混ぜないからこそのおいしさがあるようです。

まとめ

カフェチョコラータ(ビチェリン)はチョコレートとコーヒー、生クリームの組み合わせで人気なようですね。

イタリアのトリノでは名物になっているみたいです。いずれ本場で食べてみたいですね。

日本でもビチェリン(お店)が上陸しているみたいなので、機会があれば行ってみたいですね。店舗情報はこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です