コーヒは健康に良い?コーヒーに含まれるポリフェノール、クロロゲン酸を調べる!




こんにちは141coffeeの石井です。

コーヒーって健康に良いと言われたり、飲みすぎるのは良くないといわれたりしますよね。

コーヒーに含まれるポリフェノールが主に健康に良いとされています。

抗酸化作用があるので、アンチエイジングの効果が期待できます。

そんなコーヒーの、ポリフェノールに注目して調べてみました。

抗酸化作用 クロロゲン酸

コーヒーといえばカフェインですが、もう1つ大きな健康成分があります。それが

クロロゲン酸

クロロゲン酸はポリフェノールの1種で抗酸化作用があります。

ポリフェノールには悪玉コレステロールの発生を防ぐ効果があり、血管の健康に1役かっています。糖尿病の抑制効果もあり、血圧で困っている方にはコーヒーはおすすめです。

ポリフェノールの種類は非常に多いですが、代表的な存在ではお茶に含まれるカテキンもポリフェノールです。

ちなみにクロロゲン酸はごぼうにも含まれています。ごぼうを水にさらした場合、水に溶け出てしまうので、コーヒーから摂取するほうが効果的。ゴボウから摂取する場合は水にさらさずに調理するのが良い。

コーヒーの4~5%がクロロゲン酸。

まとめ

コーヒーの健康成分の1つクロロゲン酸

コーヒーの4~5%含まれている

ごぼうと同じポリフェノールである

血圧上昇の抑制悪玉コレステロールの発生を防げる

 

コーヒーはカフェインだけでなく、ポリフェノールも健康に良いので、できれば毎日飲みたいですね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です