コーヒーのカフェインは体に良いの?1日何杯まで飲んでいいの?




こんにちは141coffeeの石井です。

先日はコーヒーの健康成分の一つであるクロロゲン酸について取り上げました。

今回はコーヒーの代表的な成分である、「カフェイン」を取り上げたいと思います。

カフェイン

カフェインは軽い覚せい作用がることが知られています。

ではほかにはどのような効果があるのでしょうか?副作用はあるのでしょうか?

1つずつ紐解いていきたいと思います。

カフェインが含まれている飲み物や食べ物

コーヒー飲料(約60mg)

お茶や紅茶 (約30mg)

ココアやチョコレート (約20mg)

コーラ(約9mg)や栄養ドリンク(約100~150mg)

商品や抽出方法によって含有量は変わります。

カフェインの主な効果

覚せい作用(集中力の上昇、疲労を感じにくくさせる)

解熱鎮痛作用(睡眠や疲労を感じにくくさせる)

強心作用(運動能力向上)

利尿作用(交感神経の刺激による、腎臓による血液ろ過スピード上昇)

の主に4つの作用があります。

カフェインによる悪影響

睡眠の質の低下(神経の興奮作用)

過剰摂取による悪影響(中枢神経を過剰に刺激)により吐き気や下痢などの症状

カフェインによる中毒性(集中力の欠如や慢性的ないらいら)

カフェインの摂取量

カナダの保健省による規定では1日あたり400mgまで。

コーヒカップであれば3杯までとされています。

致死量も設定されており、一般的な成人男性の場合10g~12g以上は危険とされている。

デカフェ

コーヒーの場合はデカフェという選択肢があります。

この場合、特殊な加工をするので豆自体がもろくなり、かびやすくなっています。

カフェイン自体の含有量はほぼゼロになりますが、その他の健康面を考えるのであれば、しっかりしたデカフェの豆を選ぶ必要があります。

まとめ

カフェインは覚せい作用や集中力の向上などが見込めるため、健康に良い面もある。

しかし、摂取しすぎは副作用もあるため気を付けること。

コーヒーカップ3杯以内であれば、安全ではあるが、お茶やチョコレートにも含まれているので、摂取の際には十分留意すること。

健康にもよいとされるコーヒーですが、リスクもあります。

しっかりと気を付けたうえで、楽しいコーヒーライフを送ってください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です