コーヒーは朝に飲もう!夜に飲んではいけない理由




こんにちは141coffeeの石井です。

本日はコーヒーを飲むタイミング、何時に飲むのがベストなのかを探っていきたいと思います。

コーヒーの効果

覚せい作用・強心作用・アンチエイジング効果など様々な効果がありますが、飲むタイミングを決めるうえで重要な効果があります。

覚醒作用

の効果のタイミングに気を付けなくてはいけません。

コーヒーを飲むタイミング

基本的には午前中に飲むのが望ましいです。

コーヒーの効果が出るのは飲んでから30分後。

カフェインの持続時間は6~8時間程度とされています。

覚醒作用による悪影響(睡眠の質の低下)を考慮する場合、睡眠の8時間前までにコーヒーを飲むのが望ましいです

就寝前にコーヒーを飲んだ場合、睡眠の質が低下してしまう恐れがあるのでなるべく飲まないようにするのが望ましいです。

夜はデカフェのコーヒーを飲む

コーヒーの中でも睡眠の質にかかわってくるのはカフェインの部分なので、デカフェのコーヒーであれば、夜に飲んでも問題はありません。

デカフェのコーヒーの場合、強心作用や覚醒効果は期待できませんが、クロロゲン酸による抗酸化作用は期待できます。

コーヒーは就寝前8時間以内!それ以降はディカフェで!

覚醒作用があるため、就寝への効果が大きいです。

したがって飲むタイミングは就寝前8時間以内なら問題ないと思われます。

夜の12時には就寝される場合は、午後3時あたりを目安にコーヒーを飲むタイミングを考えるとよいかもしれません。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です