珈琲の漢字は女性の髪飾りが由来だった!




「珈琲」の漢字の由来が女性の髪飾りだなんて皆さんご存知でしたか?

実は、あの赤い「かんざし」が名前の由来なんです

日本へ珈琲の伝来

日本に珈琲が伝来したのが、18世紀末

オランダ人によって持ち込まれました。

最初の記録は1804年の大田南畝による随筆「瓊浦又綴 」(けいほゆうてつ)。

珈琲の発音はオランダ人によりもたらされた際のオランダ語koffie(コーフィー)に由来します

英語のCoffeeと発音が違うのはオランダ由来だからです。

コーフィーには「可否」「可非」「架非」「黒紗豆」などたくさんの当て字が生まれました。

宇田川榕菴(うだかわようあん)による珈琲発案

江戸時代に宇田川榕菴が、自筆の蘭和対訳辞典に記載したのが、最初であると言われています。

コーヒーの木の枝と赤い実を「かんざし」にみたてて珈琲と発案されたそうです。

」は髪にさす「花かんざし

」はかんざしの「球をつなぐ紐・玉飾り

を表現しています。

珈琲は花かんざしを意味する造語だった!

コーヒーは「蘭学」に詳しい宇田川榕菴による発案で現在では「珈琲」で定着しています。

他の造語「可否」「可非」「架非」「黒紗豆」もいいですが、意味を考えると「珈琲」の漢字は なんとも美しい意味があり素敵ですね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です