コーヒーは糖尿病発症リスクを25%低下させる




2018年度の研究によると2型糖尿病を発症する危険性の減少に対するコーヒー消費の潜在的役割、および関与する潜在的メカニズムを強調している。

ドイツのベルリンで開催された欧州糖尿病研究協会(EASD)とコーヒーに関する科学情報研究所(ISIC)が主催する会議で糖尿病の著名な専門家が集まり、コーヒーの消費に関する最新の研究について議論されました。

研究結果

1日3~4杯のコーヒーを飲むことで2型糖尿病の発生リスクを25%低下させることができる。

コーヒーと2型糖尿病の関係性は男女両方共で見られた。

分析結果によるとカフェイン入りのコーヒー、カフェイン抜きのコーヒーともに2型糖尿病のリスク低下との関係性が示された。

まとめ

海外の研究データですが、コーヒーによる健康効果がデータとして出ています。

この研究によると3~4杯ということで予想より多いなという印象を受けます。

カフェイン抜きのコーヒーでも効果があると示唆されているので、3~4杯飲む場合はカフェインに気を付けるためにも、ディカフェのコーヒーを選択するのもありだと思います。

参考サイト




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です