コーヒーで胃が荒れる




コーヒーを飲むと胃が荒れる」なんて話を聞いたことはありませんか。

コーヒーは本当に胃に悪いのでしょうか?

今回はコーヒーが胃に与える影響を調べてきました。

コーヒーが胃に与える影響

近年コーヒーは健康的な飲み物であるといわれています。

しかし、カフェインなどの成分は撮りすぎると中毒になるといわれていたりしますよね。

今回は胃が荒れるメカニズムを調べてきました。

コーヒーによって胃が荒れるのか?

には食べ物を消化するための働きとして胃酸の分泌があります。

胃液の一つである胃酸は強力な酸ですが、通常は胃の粘膜がこの強力な酸から胃壁を守っています。

しかし、胃酸過多の人や空腹時にコーヒーを摂取するとこの胃酸が大量に分泌されてしまい、胃壁を荒らしてしまうことになります

胃に負担がかかると、胃痛吐き気嘔吐などの症状が出るようになります。

これがコーヒーによって胃が荒れるメカニズムです。

実はコーヒーに含まれるクロロゲン酸が胃を荒らす

以前までは、カフェインによって胃が荒れると考えられてきましたが、近年、実はクロロゲン酸によって胃が荒れるということが分かつてきました。

クロロゲン酸はポリフェノールの1種で抗酸化作用がある健康的な成分ですが、同時に胃酸の分泌を促進してしまう働きがあるようです。

健康的な成分でも摂取しすぎたり、使い方次第では体に良くないということですね。

胃荒れは「空腹時を避ける」ことで対策出来る

解決策の一つとして、コーヒーを飲むときは空腹時を避けることで胃荒れを防止することができます。

胃酸の分泌時に消化するものを胃に入れておくことで胃壁を守ることができます。

もう一つの解決策としては、ミルクを入れたカフェオレにすることで、ミルクの成分が胃壁を守ってくれる働きも期待できます。

用法容量を守ってコーヒーを楽しめば問題はない

コーヒーの胃荒れの原因はクロロゲン酸ですが、本来は健康的な成分です

しっかりと容量(成人の場合一日4~5杯が限度)を守って飲み方を工夫(空腹時を避ける)しましょう。

胃荒れに困っている方は空腹時を避けて珈琲を楽しんでみてはいかがでしょうか。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です